スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林亜星氏の誉れの次男、小林朝夫クン「もっと有名になりたい」願望を応援するプロジェクト、ファンクラブ

小林朝夫って誰?

そんなぁー! 

悲し過ぎます・・ こんなに日々デマ製造・発信、ネット商法大宣伝でがんばってるのにー

過去の震災便乗詐欺や、淫行逮捕の失敗なんか全部、タケシさんみたいに「お笑い」芸歴のひとコマに笑い飛ばせるよう、ビッグになって・・・

小林亜星の息子に小林朝夫あり!って、そんな日本中誰でも知ってる有名な存在になりたい・・・という幼少期からの願望実現のために。


まだまだがんばります!

ネットファン獲得のために! 日々、いくらでも入り口サイト作りもがんばります!
http://alpssougouservice.wix.com/alpssougouservice

アルプス総合サービス
050-3701-5566

八ヶ岳塗装
050-3701-5556

http://peevee.tv/2g_mypage.jspx?usernumber=463117

http://mrshow666.wix.com/yatsugatake

山梨県北杜市高根町長澤1953
Tel: 090-3432-9989

ヤフーオークション店
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/qqqazaz99?alocale=0jp&apg=1&s1=end&o1=d&mode=2


小林デマ夫:未来に行って見てきますた

小林朝夫が未来へ行ってやってることといったら、競馬場行って当たり馬券をメモメモしかないだろう(嗤

2013年、2012年
http://twilog.org/kobayashiasao/search?word=12%E6%9C%88&ao=a

2011年
http://twilog.org/kobayashiasao/month-1112

ユリ・ゲラーと(桁違いスモール)小林朝夫

稀代の詐欺師ユリ・ゲラー、この男かつて、視聴率さえ稼げばなんでもいいゲスメディア(日テレ+大橋巨泉)に乗って日本中をまんまとたぶらかした。

本国イスラエル・アメリカ・日本と正体がバレるつど国を替え、まだそのバレ情報が伝わらない大衆を欺けると、恥ずかしげもなく、開き直り切って。

この厚顔無恥さこそが生き残る信条。

インチキはばれても、しばらく息を潜めていれば、また何も知らない次の世代相手に、また「超能力者」看板で稼げるといまだノウノウと世を渡り歩いている。



成功度は桁違いにチョロイが、小林朝夫なる詐欺師もそういう復活手ぐすね引いてる厚顔無恥はワールドクラス匹敵

元々が一部の人しか知らないから、数年でまたアフォまっ盛りの世代が入れ替わってくれば、また通用すると、その「厚顔無恥・継続力」のキチガイエネルギーだけは人並み外れている。

小林朝夫バスターズさんたちが、この取るに足らないカス夫の、たとえほんのわずかな復権でも許さないとする警告活動を日々継続しているのは頭が下がる。

相手は小林朝夫カスだけではなく、あらゆるこの手のデマ製造師・詐欺師の暗躍を暴く広報活動になっている。



山口敏太郎と小林朝夫

@kobayashiasaoさん、初めまして作家の山口敏太郎です
http://archive.is/CS0Ox



@bintarou わかりませんが、今年だと思います。
https://twitter.com/kobayashiasao/status/56404789365444608



-----------------------------------------------------------
【情報防災】オフセンター@Center_Off さんのツッコミ
http://twilog.org/Center_Off/search?word=bintarou&ao=a

⇒ 山口敏太郎日記

元サンバルカン、小林亜星の息子・小林朝夫 http://www.youtube.com/watch?v=8XQewEtSGLc

言い得て妙!!\(^o^)/  特別引用m(__)m

世に蔓延するダニ分析 一説
http://hirorin.otaden.jp/e247394.html

・・・
 食べ物だろうとアニメだろうと、はたまた芸術作品だろうと政治思想だろうと、すべての人間に支持されることは決してない。必ずそれを好きな人間と嫌いな人間がいる。それは当たり前のことである。絶対的に正しい評価というものはない。
 しかし、それが理解できない種類の人間がいる。自分が好きなものは絶対的に素晴らしいものだとか、自分が嫌いなものは絶対的にダメなのだとか思ってしまう人間が。その信念を否定する情報が入ってくると、彼らは「その情報は間違っている」と考える。
・・・
(中略)
・・・
 陰謀論やトンデモ説が生まれる背景には、人がゲドシールドの存在を意識していないことがある。自分の脳が創造したモデルを仮想現実だと認識できず、生の現実だと信じているのだ。もちろん、そうした傾向は誰にでもあるのだが、特に陰謀論者やトンデモ説の提唱者はそれが強い。ゲドシールドのモデルと外にある本物の現実に矛盾が生じると、彼らは「誰かが事実を隠している」とか「陰謀が行われている」とかいう新たな幻想を構築して、現実の方を修正し、モデルを守ろうとする
・・・
(中略)
・・・
 僕は『アイの物語』の中でDIMBという言葉も創作した。ドリーマー・イン・ミラー・ボトル(鏡の瓶の中で夢見る者)――鏡でできた瓶の中に閉じこもり、周囲に映る自分自身の姿を外界だと思いこんでいる者、という意味である。
 DIMBにならないためには、「僕らが見ているものは現実そのままではない。脳が構築した仮想現実なのだ」ということを認識する必要がある。「私の考えに間違いがあるはずがない」とか「私は世界の真理を知っている」なんて、絶対に思わないことだ。
 言い換えれば、本物の世界の巨大さに対し、謙虚になるべきなのだ。世界は一人の人間の脳ではとうてい理解できないほど大きい。僕たちはちっぽけで不完全であり、この世界のことを一万分の一も認識できない――その事実を素直に認めるべきなのだ。
 それは絶望や敗北主義ではない。世界を――脳内の仮想現実ではなく、ゲドシールドの外にある本物の現実に敬意を払おうということなのである。

・・・

世間中でも家族中でもその存在迷惑男→

kobayashiasao・小林朝夫 ← 人間、一つの欠点を挙げつらって全人格を否定するような中傷は卑しいものだ。

しかし、世の中、一つの欠点どころか全人格からしてサイテーの部類はいるものだ。
親の名前を出さないと社会的にまったく通用しない上に、さらにそれを利用してしか人を騙せない(しかも頭の弱い人・弱者だけをこれでもかと騙すことでしか)生活を営めない男。
社会的迷惑な存在以外の何者でもない。
親もこの家族中の迷惑男が早くこの世の中からいなくなって欲しいと思ってるのだろうな・・

これ以上のハレンチ罪や恥さらしをさらにエスカレートさせて、すぐまた小林家の名に泥を塗りたくる精神異常児の存在が怖くて仕方ないであろう・・・

asei-dan.gif


>はからずも記事中で発した父親の小林亜星氏が発した「でも本当に国語の神様なんですか?」という疑問がこの記事の出発点であるべきだった・・・

わが子の子供の頃からのバカ息子ぶり、素性を知りつくしてるからこそ、世間の持ち上げぶりへのマサカ?という疑問、不安が、ながーい熟成期間を経て、時限爆弾のように発火した恐怖を一番感じていることだろう・・
本当の時限装置はまだ発火していないことも一番予感しているのだろう・・

みのもんた氏どころでは済まない、自分の築いたものまで瓦解させられる恐怖・・








関東大震災「朝鮮人が攻めてくる」デマと、小林朝夫の同一性

首都圏各地、ちょっとした公共施設には必ずその地の郷土史・言い伝え・昔話の編纂集などが置いてあります。

訪問用事で待たされた時など、その当地の古老の昔話聞き取り集によく目を通すのですが、実に各地で多くの同じような内容が記されています。

「関東大震災」の項。
激震時や間断なく続く余震の恐怖体験の様子はもちろん、共通して「どこからともなく伝わった」「朝鮮人が攻めてくる」という流言デマに人々が余震より恐れおののいた行動記憶が必ず付記されているのです。

こういった→「流言」テーマblog内容を裏付ける、各地みな同じような実際の体験者の、恐怖に満ちた記憶談話です。情報通信手段が皆無だった痛恨の。

被災直後、身の置き所もない状態で、さらに婦女子はあたふた身を隠せる場所に移動し身を潜め、男子は武器を持って街道筋を見張り、いっときも敵の到来を見逃さないよう、さらに錯綜する侵入デマに、緊張と恐怖の中にあった・・・

どこの集落もみなそんな状況に陥っていた紛れもない事実の記憶記録。

そして同じ被災者・避難者の身で、そんなデマで命を奪われた側の多数の犠牲者・・・


今、そんな時代とは比べようもない高密度な情報通信時代になったのに、まさに同じような、しかしデマの出所はハッキリしている=小林朝夫に代表される【遊び金欲しさのためのデマ商売師】が横行する。

情報通信インフラがいくら整っても、騙しを商売とする卑劣な輩に操られる人たちのアタマの中身はたいして変わらない事実。


もはや逮捕歴までぶら下げたバカ・キチガイと誰にも嘲笑される小林朝夫という、時代が生んだウジと、またその同類ばかりのお笑い話なのだが・・・
それでもなお、「どこからとも伝わるデマ」を故意に発信する輩が平時でさえ大手を振って歩いている。


【東南海・関東大地震】はヤツラが騒がずとも必ずやってくる。いつかは。
しかし、そのパニック時に備え、こういう輩を平時から徹底的にバカにされる存在に衆知させておく活動は、大いなる社会貢献だ。

それこそが、すなわち 情報防災 
意義あるボランティア活動 \(^o^)/



テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

tag : 朝鮮人虐殺

まさに小林朝夫モデル(笑)な脚本 "相棒12"初回2時間SP 「信者」 

無料視聴・公開中サイト⇒ http://say-move.org/comeplay.php?comeid=924747

小林朝夫だ・ニニギだ・・彷彿とさせる(笑)現代オツム弱者を操って悪事をたくらむ連中 = デマカセ陰謀論から宇宙人コンタクト、フリーメイソン話まで織り込んだ大爆笑ストーリー(笑) \(^o^)/

親父が有名人な、(一部で有名な)放蕩バカ息子・バカブロガー小林朝夫みたいなのがまだ生きていられるこの現代日本社会、バカサ加減を象徴的に皮肉ってます(笑) 

ドラマだからオーバーに描いてますが、ヤラセ自演の神様・小林朝夫が3.11直後の原発クライシスの社会的パニック現象千載一遇チャンスとデマ展開、大成功を収めた事例など現実に起こると、途端に信憑性十分なストーリー展開(笑
再放送希望(^o^)/ 視聴オススメ(^o^)/





http://navicon.jp/news/20367/

16日、水谷豊主演「相棒12」初回2時間SPでスタート!甲斐(成宮寛貴)がカルトにハマる?120秒予告動画公開-テレ朝
[10月16日09時46分] 【ドラマ】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000001-mantan-ent

小林朝夫@kobayashiasao の真実!?(笑

小林朝夫くん、久々週刊誌登場。
と言っても、あいかわらず親父さんの写真使わないと、どこの誰?(笑


p50-51_600w.gif

http://blog-imgs-50.fc2.com/k/o/b/kobayasiasao/p150_720.gif
http://blog-imgs-50.fc2.com/k/o/b/kobayasiasao/p151_720.gif


小林朝夫迷言集:①「告発サイトというサイトを告発する準備が整いました」

小林朝夫: 騙されないで!【【大地震警報・前兆緊急アラート】】デマ・募金詐欺/告発サイトというサイトを告発する準備が整いましたので、週明けに届け出ます。
 すべて弁護士に任せてあります。(2011-09-23)
http://kobayashiasao.blog65.fc2.com/blog-entry-1978.html



-------------------------------------------------------------------------------

告発サイト(=ここ。この【小林朝夫犯罪暴き・カウンターブログ】)http://kobayasiasao.blog51.fc2.com/blog-entry-895.html



















検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)