スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(まるパクリ・違法有料化記事)福島第一20~30キロ圏 避難準備区域を解除

(ソース隠匿・著作権侵害マルパクリ・有料化)転載記事
 政府は三十日夕、原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)の会合を開き、東京電力福島第一原発から半径二十~三十キロ圏内に設定した緊急時避難準備区域の解除を決定した。三つある避難区域のうち、解除されるのは初めて。今後、国や地元自治体が放射性物質を取り除く除染を進め、安全が確認され次第、住民が順次、帰還することになる。 

 対象は福島県広野町全域と南相馬市、田村市、楢葉町、川内村の一部。緊急時に速やかな避難や屋内退避が求められる可能性があるとして、四月二十二日に指定された。これを受け、五市町村は子どもや妊婦、入院患者らを避難させ、学校を休校し工場の操業も停止。事故前は約五万八千人が住んでいたが、二万六千人が自主避難している。

 政府は、炉心溶融を起こした福島第一原発1~3号機の原子炉温度がいずれも一〇〇度未満になり、状態は安定してきたと判断。五市町村が住民帰還に向けた復旧計画を策定したことで、指定解除の条件が整った。

 首相は会合で「住民がふるさとに帰れるようにするには、いろいろ課題がある。不安を払拭(ふっしょく)するため国が先頭に立って除染を進める」と述べた。

 避難区域には準備区域のほか、二十キロ圏内の「警戒区域」、圏外でも一年間の積算放射線量が二〇ミリシーベルトを超える恐れがある「計画的避難区域」がある。細野豪志原発事故担当相は記者会見で、残る二つの避難区域の解除について「(原子炉が冷温停止状態となる)ステップ2が完了した時点で検討に入る」と述べるにとどめた。

コメントの投稿

非公開コメント




















検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)