スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(デマ師デマ情報よりは安全でしょ笑) 安心などできる状況にはありません

 食品を販売するお店でも、放射線を測定する機器を導入して、お客さんにその計測結果を表示しながら販売しているお店が出てきました。とてもいいことです。お店側の努力が伝わってくる販売方法です。
 しかし、そうなると、他の外食チェーンで扱っている食品はどうなのかが気になってきます。いったいどれくらいの放射能汚染食材を使用しているのか、まったくかわらないからです。
 もしかすると某コンビニのおにぎりを1つ食べただけで1000ベクレルといったような体内被曝物質を口にしてしまう可能性もあるからです。しかも同じおにぎりでも、その隣に並んでいたおにぎりはたったの10ベクレルかもしれないのです。
 土地の放射線を測定する際にも、30センチ移動しただけで数値は激変しますので、食品も同様に汚染部分の濃淡が激しいと考えておくべきです。
 パンにカビが生えた状態を思い浮かべてみるとわかりますが、カビは点々と散らばって生え、集中的にカビが固まって生えている場所があります。あの状態と同じように、放射性物質も点々と付着したり、ある箇所に固まってついたりします。目に見えないらわからないだけで、そうなのです。
 ですから、一番いいのは、個人で小型の計測器を持ち、食事の際に、すべての食品を計測しながら食べるという食事法です。
 通常のガイガーカウンターでは食品を測るのは困難かと思われますが、反応の強弱で汚染度が把握できるようにはなります。目に見えない敵と戦うためには、こちら側もイマジネーションが必要です。
 放射能に汚染されていく未来を想像してしまうと希望が持てなくなってしまいそうですが、その中でも生きなければならないですし、子どもたちの健康を優先させなければなりません。大変な世の中になってしまったのです・・





>一番いいのは、個人で小型の計測器を持ち、食事の際に、すべての食品を計測しながら食べるという食事法です。

まあそんなデマ師のノータリン記事を真に受ける人はないとは思いますが・・・(笑)

■ 食品の測定について http://www.mikage.to/radiation/detector.html#4

コメントの投稿

非公開コメント




















検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)