スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NASA発表 人に当たる確率は3200分の1" 観測衛星、日本時間24日午前ごろに落下   人工衛星がバラバラになって落ちてきます。

(マルパクリ)SFような話ですが、現実です。
 地震、津波、原発事故、台風に続いて間髪入れずにトンデモ災害です。
 以下転載記事
 衛星があなたに当たる確率は20兆分の1以下

・米航空宇宙局(NASA)は21日、寿命が尽きて地球に落ちる大気観測衛星(UARS)が
 大気圏に再突入する時間は、米東部時間の23日午後(日本時間の24日未明から午前)に
 なるとの予測を発表した。

 大気との摩擦で燃え尽きない破片が26個、800キロ・メートルにわたって帯状に
 落下するとみられているが、衛星が大気中を回転しながら落ちていく動きは複雑なため、
 大気圏突入の2時間前でもまだ正確な落下場所は特定できないという。地球上の誰かに
 当たる確率は推定3200分の1。自分に当たる確率は20兆分の1以下と極端に低くなる。
 落下が夜間に目撃されると、多数の明るい流れ星のように見えるはずだ。

 地球の面積の7割は海で、陸地も人の住んでいない場所がほとんどのため、NASAは
 「過去、衛星でけが人が出た例はない」と安全を強調している。

 ただ、1997年には、ロケットの燃えかすが米オクラホマ州で散歩中の女性の肩に
 当たった例もあり、この女性は米メディアに「今度はオクラホマには落ちないでしょうね」と
 話している。

 NASAによると、同じぐらいの大きさの衛星は年に1回ほどの頻度で大気圏に落ちている。
 制御できないまま落下するNASAの衛星としては最大。事前に「注意報」が出たため
 注目が集まった。





ソース非開示マルパクリ盗っ人常習者が、NASAの話だけは発信クレジットを出す、この異常行動。

NASA という言葉には特別の権威感を持っているようです・・・ 
サイエンス無知者のサイエンス盲信、無教養患者がエセ教養をひけらかす一大典型症例。


コメントの投稿

非公開コメント




















検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)