スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸納豆 苦境 稲わら汚染 後引く風評被害

パクリソース元を一切記さない著作権盗人サイテーブログ 無断 転載記事
 昔ながらの稲わらを使った茨城県の特産品「わら納豆」が、稲わらから放射性セシウムが検出された問題などで売り上げを大きく落としている。福島第一原発事故で、観光客が激減したことも影響している。風評被害にも頭を悩ませる水戸市内の納豆組合は、東京電力に一億円程度の賠償を請求する方針だ。 (水越直哉、写真も)

 「誰も思ってないことが起きた。まさか稲わらが障害になるなんてね」。水戸市内の五社が加盟する県納豆商工業協同組合水戸支部の高野正巳支部長(65)が嘆いた。

 震災直後は被災などで化学工場が稼働できず、納豆のカップ容器のフィルムなどが不足し、大手業者の出荷が滞った。このため、納豆をわらで包む老舗店舗の商品に注文が殺到した。

 しかし、工場や道路などが復旧すると状況は一変。老舗店舗「だるま食品」(水戸市)社長も務める高野さんは「てんてこ舞いになってたのは四月下旬までだったよ」と肩を落とす。

 高野さんによると、セシウムに汚染された肉牛用の稲わらが問題になって以降、納豆を包む稲わらに対しても「放射性物質は大丈夫か」という問い合わせがあるという。

 使用しているのは昨年収穫された県内産わら。検査機関の調査で放射性物質は検出されていない。しかし、今年収穫される稲わらに対しては「検出されないよう祈っている」と不安も口にする。

 水戸支部は観光客の土産用納豆がほとんどで、スーパーなどへの納入は少ない。今夏、県内の海水浴客数が例年の一割にとどまるなど、事故の影響で観光客が激減したのも大きな痛手となった。

 支部の加盟各社は減少した生産量に合わせ、休日を一日増やし、営業時間も二時間ほど短縮するなどして対応している。高野さんは「観光客がいつ戻ってくるかはわからず、状況は深刻だ」と訴えている。




【読者情報】東京新聞
盗っ人まるパクリ元:(2011年8月25日 夕刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011082502000200.html

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悪質無断パクリ先
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011082502000200.html

(水越直哉、写真も)←あれ?写真は?記事を読んでない証拠w

勝手に無断でパクって来るとき、文すら読まずにコピーして終わりなんだろうね。
記事を出す度に、過去に述べたことと正反対の矛盾だらけのブログ記事になるはずだ(^▽^;)

脳外科病院で大盛り食事と節電地域の夢庵にて

報道による穀類の日本の放射線許容量暫定基準値では、放射性ヨウ素:未設定 で、放射性セシウム:500 ベクレルで、ウラン:100ベクレルで、プルトニウム及び超ウラン元素 :10Bベクレルですが、「チェルノブイリ基準:40ベクレル」で危険。絶対に食べてはいけない。とでしたが、「日本基準:500ベクレル」では、ただちに、健康に影響を及ぼす値ではない。という報道で国民はマスメディアと組んだ政府に騙されている気がしてなりません。



















検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)