スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キチガイがいる!

 この期に及んで放射能の安全性をネットで流しているキチガイがいます。 
 福島第一原発から水蒸気が出ているというデマを信じている人がいるなどというキチガイな書き込みを続けている者がいます。ロシアでニュースになり、バズビー教授も認めていることをデマ扱いする者はキチガイとしかいいようがありません。 
 そんなキチガイは放っておいて、みなさんは、放射能と大地震に対する対策しっかりやっておく必要があります。
 この二つの対策をしておけば、たとえ大洪水や他の大災害に見舞われたときも必ず役に立ちます。
 
 さて、キチガイ話はほどほどにして、本題に入りたいと思います。
 私は、やはり、日本はそろそろ終わりだと思っています。
 いや、日本のすべての場所に終わりが来るのかというとそうでもなさそうです。一部地域にいる方は生き残りそうです。
 私は、福島第一原発の放射能と巨大地震の発生により、日本は終焉を迎えることになると考えています。
 紳助さんは、勘の鋭い人ですから、ああいう形にはなりましたが、自分と家族を守るために、仕事を辞めて自由になったのだと思います。
 地質学の書によると、ここ数千年間に、高さ300メートルを超える津波が数回発生しているといいます。高さ300メートルというと、日本の80パーセントの地域が沈むことになります。人口で示すと95パーセントの人が居住する地域です。
 私は、この巨大津波が何らかの形で発生するのではないかと思っています。そうとう近いうちに起きると思います。
 何が原因となるか、いまは私にもわかりませんが、とにかく、そんな気がしてなりません。
 そのことがあるからでしょうか・・
 いま、私の居住している北杜市に転入してくる人数が異常なほどに増加しており、土地はほぼ完売状態となっています。
 人間、鋭い勘の持ち主が多いようですので、そんな人たちが移住をしてくるのです。
 私の家の隣に、今度、徳島から家族で移住してくる人たちがいます。先日、引っ越しの挨拶にこられました。
「徳島? 徳島のほうが景色のいいところがあるんじゃないですか? ここよりも・・」
「はい、けれど、標高が低くて、なんか不安になってしまいまして・・」
 標高が低い・・
 私の居住している場所は標高1000メートル以上あります。
 車で少し走ると1500メートルまですぐにあがることが可能です。
 以前、犬の散歩をしていて、幻を見ました。ちょうど静岡方面を見下ろしていたときに、なんか、水のようにものが押し寄せてくる映像です。「うわぁ、あんなところまで水がきてる」と私はつぶやきました。しかし、数分して、それは消えてしまい、幻であることに気づきました。
 あのときの記憶が、いまでも鮮明に頭の中に焼き付いています。
 いつか、現実のものになる気がしてならないのです。
 こんなことを書くと、キチガイは私ではないかという意見も出てきます。そうかもしません、ダハッ、、
 金玉先生も言っています。「考えるな、感じるんだ」と・・
 いい言葉だ思います。





>キチガイは私ではないか


100%の人が異論がないと思います!(笑)

【【キチガイ発作緊急アラーム】】」とブログタイトルを改名なさったほうが・・・


コメントの投稿

非公開コメント

No title

おまわりさん、こいつです。



















検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)