スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(パクリネタ+断片拡大化操作)半径20km圏内は無人化する

(ソース引用元を一切明かさない、ブロガーとしてサイテー人種、パクリネタに操作を加えかく乱記事)
 福島第一原発から半径20km圏内の年間放射線積算量が文部科学省から発表されました。500ミリシーベルト/年間となっています。
 国では年間被曝量を1ミリシーベルト/年間と定めていますので、500倍の被曝となってしまいます。人は住めません。
 福島第一原発からは、日々、50兆ベクレル/時間以上の莫大な量の放射性物質が放出されています。今後、東京まで無人化する事態が、現実化することになります。
 菅総理が口を滑らせた「首都圏3000万人を移住・・」という話は事実なのです。
 そう遠くない未来に、このブログで指摘していることが、はっきりとわかる日が来ると思います。





パクリ元ソース:朝日新聞ほかhttp://www.asahi.com/national/update/0820/TKY201108200102.html

報道情報の一部分を切り出し、全く違う内容に拡大してみせる悪質なサイテーブログ。
>東京まで無人化・・・
文科省の発表、報道の内容にそんなことは一切含まれません。事実ネタをベースに自分の妄想恐怖をかぶせる・・・

お金まで払ってこんなブログばかり読んでいる人、ホント他の誰でもが知っている正しい情報でさえまったく違う話に思い込まされ洗脳されますよ。 小出先生の談話すら道具に使う。
エセ地震予知マニアが情弱者が寄って来たのにいい気になって原発情報まで偉そうに騙る。日曜ペンキ屋が原子力工学科の教壇に立って講義している気になってる妄想・・・

この男の裏の実情を早く把握することです。「冬は塗装の仕事をしません。倒れますから」
寒い冬を乗り切って春にペンキ屋再開の前に、千載一遇の3.11が起こったのです。 いい加減なこと書いてブログを課金制にしたら・・・なんと思わぬチョロイ大金稼ぎが。 そういうただの日曜ペンキ屋のおっさんでしかない正体。ペンキ屋が自分自身好きなのだと自分に言い聞かせていた冬は、ただの自己弁護だと言うことさえ露見した。チョロイ稼ぎが見つかればペンキ屋などやっていないのだ。温かくなっても。

爆笑もののひとつ2009年12月のブログ
大地震来る来るのオンパレード。自分でもノイローゼと恐怖に苛まれる自覚症状を記しています・・・

地震予知のデマカセぶりはもうとうにわかったでしょう。この人の言うことは全て脳内妄想なのです。正しい情報をそのまま伝えられない歪んだ性格の人なのです。
その狂ってる自分を題材に短編私小説駄作まで記しています。(読むに耐えませんで前半は読み飛ばし、後半のネタばらし部分行だけで十分、病気の書き手一人称、実は本人ネタ(笑)

いまだ30年前のお子様番組に出てた【サンバルカン】から一切の進化、実績もなく、その名にしがみついているだけの過去の忘れ去られた人。ブログ・ツイッターと言えば、芸能人との通りすがり話ばかり、さも交遊がありそうな、すべて名の通った人の名を借りたウソコネ話。注目されるだけで嬉しいのです。有名人なりそこね病。
あなたがその哀れな人の話の聞き役になってやる義理はないのです。

コメントの投稿

非公開コメント




















検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)