スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(他人事の国の話だからどこのメディアもテキトー流しますねーw)福島第一原発の土地がヒビ割れして水蒸気が噴き出しているソース

http://www.youtube.com/watch?v=4bD7SuXVpc4&feature=player_embedded




朝夫、朝夫に聞いたって拡散しまくってる東海アマ、朝夫とは関係ねぇよと言ってる木下黄太・・・
そして、やっぱり「現場作業員から聞いた話では・・・」の、ほんとのソースのトボケた話ばかり・・・

そして、これまた現場も知らない近づいたこともない広島大で歴史学が専門とかの外人准教授のみんな「誰から聴いた」の伝聞系のデマパターンの話法。。。 他人事の国の話だからどこのメディアもテキトー流しますねー(笑)

キャスターが「ドクタージェイコブス」と読んでるのに字幕訳では「教授」と。ロクなもんじゃなさそう・・・(笑)
(後日の笑い話用にダウンロードしておきましょう(笑)

そして何より「この地割れから黒い煙・湯気」の第一発信者は自分だとドクター朝夫自ら高らかに公言してるわけですから
http://kobayasiasao.blog51.fc2.com/blog-entry-680.html
国際デマリストの称号の名誉にも近づいております・・・(笑)



コメントの投稿

非公開コメント

No title

孫正義もツイッターでRTして拡散してますね。
バカだと思います。
過去にもこんなにデマを拡散しています。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-52.html
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-57.html
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-80.html

>孫正義評価

孫正義氏はツイッターで100万フォロワーも抱えながらデマ配信する軽率さは計り知れません。

しかし、批判的RTをする人をブロックしたりする情けない方向でなくむしろそちらも多く開示しています。またデマ情報に乗ってしまったと気づいた時は素直にきちんと謝罪しています。

これまでのソフトバンクの発展について回るリスク「=拙速でもスピード」を社是にしているかのような、サービス体制も整わないうちにとにかく手を拡げる。速さで先に顧客を先食いし、不満のある人に叩かれても「顧客メジャーを先に手なづけたほうが勝ち」という経営理念を、個人的好き嫌いは別として、貫いている企業人です。

未だに既得権益既成経済団体から嫌われ者、既得権益の官公庁官僚にも嫌われ者。ただし、100万フォロワーのような、とにかく良いも悪いも膨大な顧客数を味方バックに、いろいろな分野規制開放・自由競争化をなしとげて来たのは事実です。

人々を不安にさせる低レベルのデマネタを作って煽っては、有料ブログ読ませて稼ごうなんて朝夫デマ師カスとは話題の比較にもなりませんw

こういう低級なブログあたりに孫氏のデマ話題を持ち込まず、もっと大きな批判サイトで堂々ロン汁wべきですw

政商とも言われる、時代の中枢に入り込む怪しい著名人に対する崇高な批判は偉大です。



















検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)