スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(受け売り変遷)福島第一原発では異常が続いています

 本日、福島第一原発の建屋の中での放射線計測値は5シーベルト/時間でした。しかし、建屋の外の敷地内から10シーベルト/時間が次々と異なる場所から計測されています。これは、どういうことかというと、考えられる理由は2つのみです。
 1つは、3号機等の爆発で、原子炉および燃料プールから燃料が飛び散り、敷地内に散らばった可能性です。
 2つ目は、メルトダウンした溶融燃料が敷地の地下で再臨界を繰り返し、人類の英知を超える物質に変化してしまっていて、それらの物質が高濃度の放射線を放出している可能性です。
 このどちらかの理由から、敷地のあちらこちらから、計測機器の計測値限界である10シーベルト/時間を振り切れてしまったのです。もし、10シーベルト以上を計測できる機器で計測した場合には、おそらく18シーベルト/時間程度の猛烈な線量が計測されることになると思います。1秒で即死です。
 福島第一原発の異常は、異常なまま安定していますので、政府の言うところの「安定しています」というのは嘘ではないのです。
 とんでもない状態のまま安定している福島第一原発。
 もう、我々の想像を遙かに超えた事態になっていることは確実です。





小出先生の話を聴いてコロッ・・・ 
http://www.youtube.com/watch?v=f1U4ApE7spU&feature=player_embedded#at=10

 再臨界の話はどうしたの??


コメントの投稿

非公開コメント




















検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)