スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建屋の外で10シーベルト以上の強烈な放射線・福島第一原発

 建屋の外で10シーベルト以上の強烈な放射線・福島第一原発
 1号機と2号機の建屋の外で計測された大気中の放射線量は10シーベルトを上回る強烈なものであることが東電の調査でわかった。
 マイクロやミリではなく、ただのシーベルトです。
 10シーベルト/時間を浴び続ければ人間は数日以内に死にます。
 放射線の放射距離は数十キロは届きますので、もし、このままその力が強まれば、とんでもないことが起きることになります。
 再臨界が起きていなければ、このような強い放射線は出ません。
 8月は、やはり悪夢の8月となりそうです。






(追加デマ警戒!注意報!)
悪夢の8月にしてみせる、名誉挽回のために。そう期待しているのありありね。

デマばかりのなか、めったにない稀にめずらしく事実のタイトル持ってきた
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201108010451.html
・・・と思ったら、ただしすぐこれだ!↓
 >再臨界が起きていなければ、このような強い放射線は出ません。
  だぁ?  ↑ 他の事実にかこつけたすぐデマ思い付き!!!
          
          現場も知らないどころか知識も皆無のトウシロ。 

放射線量は発生源からの距離の二乗に反比例して減るのは常識。
それ以前に、風に乗る浮遊粉塵放射性物質かどうかでまず話は全然違う。
かつ、
「発電所周辺のモニタリングポストの計測値に上昇は見られず・・・」という報道内容。マズは正しい情報経過把握から。

喜んでデマ追加で煽るブタの煽動に乗らないことがくれぐれも肝心です(^^)/




コメントの投稿

非公開コメント

あなたのほうが勉強不足。

No title

放射線の放射距離は数十キロは届くと言ってるけど、
線量は距離で減衰するから10cmで10Svならば1mで0.1Sv。
10mだと0.01Svになる。
つまり10キロ離れると全く害ではなくなる。



















検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)