スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(デマブロ 2295 三流デマ師発100%脳内作り話)大地震発生の直前に電波異常が起きる

 阪神淡路大震災の時、高速道路を走行していたトラックのラジオに雑音が入り始め、完全に放送が聞き取れなくなるほどのノイズとなってしまいました。そのトラックの運転手さんは、今でも、あのときのことを思い出すと、ただの偶然ではなかったと真剣な表情で言うのです。その現象は地震発生の4時間ほど前に起こり、神戸を通り過ぎたあたりでノイズは消えて、クリアな状態に戻ったといいます。 今回、FM電波に異常が出ていて、...





言うまでもありません。作った話です((笑)

いまだに作った話が拡散できると思っているところが哀れ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

作り話よりもパクリでは?
別のサイトで同じ様な内容を読んだ事があります。

No title

確かに当時、テレビで話してる人いた。記憶には1行目しかないけど・・でもトラックだったかな?表情って運転手を見てないと書けないけど、いちいち取材っすかね?枝葉付いちゃったのをパクったか、いま枝葉付けたかじゃないの~?

Re: No title

> 枝葉付いちゃったのをパクったか、いま枝葉付けたかじゃないの~?

いずれにしても、運転手とそのコメントが仮に実在したとしても、電波受信不良の理由も地震との関係も、因果関係、再現性も調査できる「記録」物がなければ、どうにでも都合よくヨタ話をつくれるネタというだけです(笑)

で、どこの流通過程で地震の関与枝葉を匂わしたところで、根っから「100%つくった話」の域から出ない・・・のが科学。

・・・で、信じたい人、もし今度アナタが高速道路を走っていて、突然ラジオが雑音だらけになったら、即ヤバイ!と思って車を即止めますか?
信じるってことはそういうことなのです(笑)

No title

北大の森谷武男博士のこれとかも一緒?
http://nanako.sci.hokudai.ac.jp/~moriya/M99.htm

Re:北大の森谷武男博士

北大の森谷武男博士個人の仮説についてはこの記事で解説サイト私見を披露しています。↓

http://kobayasiasao.blog51.fc2.com/blog-entry-1029.html

公から研究費をもらっている以上、やっていることの全公表と仮説の公表は学者なりの見解、かつ北大に迷惑がかからないようあくまで「個人」の見解発表と勇気を持った行動とも感じられます。

これだけ、朝夫たちのような三流デマ師に煽り悪用されるほどの「時期をかなり明確にした予測」を広く拡散公表したからには、単なる不安煽りのカラ学説と避難され学者生命を負われるかもしれません。

朝夫たちと違って、次の仮説公表の時は「あーまたあのデマカセ博士」かというのがつきまとう地位だからです。

そしてもっとも朝夫と全く違うところは、この勇気ある仮説公表に対して、全てのデータ根拠の開示と、そしてもちろん金など取らないという点です。
あの手この手【【大地震警報緊急アラート】】などと不安を煽って低学力の情弱相手に、「詳しい予知情報を知りたくば課金、金を出せ」などとは決して言わない、社会使命感のなせる勇み足だという点です。

同列にしたら、まことに!博士に失礼でしょう!!



















検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)