スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(デマブロNo.2235 脳内構想2.)間もなく発生する平成関東大震災で日本は一時停止する

 間もなく、平成関東大震災が発生します。 今、生きている方のほとんどが私を含めて未経験の大地震となります。 人には「波長」というものがあって、その「波長」が合わなければ何を言ってもムダであり、行動を共にすることはできないのです。 平成関東大震災が発生した場合、関東地方の電気の供給とネット回線はすべて破壊されますので、このブログも、そうなったときには終了となります。 このブログを直接的に読まれている...

(デマブロ記事No.2235)ttp://blogvote.fc2.com/pickup/kobayashiasao/2235




さぁ張った張った。言い切りましたよ。「可能性がある」とか言葉を濁さず、まるで必然の事実のようなヤマカンはったり、大勝負の書き方に出ました(笑)

朝夫詐欺賭博師に張る方は、素直にぜーんぶアドバイスに従って、すべての犠牲を払ってでも関東の密集都市部・海岸低地を離れ、職場も学校も放棄して、朝夫クンがまだ逃げない八ヶ岳界隈に疎開しましょう。

借家でも探して、あるいは金のない人は朝夫くんの敷地にテントでも張らしてもらってキャンプ生活で備えましょう!

3.11の日本海溝プレート沈み込みの割れ残りでもなく、東南海でも、中央構造線でもなく、【関東】の大震災ですからね(笑)
福島原発も全部年内に吹っ飛ぶんですからね(笑)
(核燃料物質も、人間の決めた「年」とかの区切りに合わせて反応してくれるらしいですから(笑))


もちろん、朝夫くんアドバイスに従順に従った行動の損失はすべて自己責任ですから、事前言い訳、断り書き言ってますように(笑)

もちろん賢明な人は「病人かつ不安売り商売人」が勝手にやってる予知ごっこ賭博に張る必要もなく、ただ日常淡々、普通の防災備えを意識していればいいだけです。

※最重要な【防災備え」とは:
災害時の情報混乱時には、こういうデマ屋がますます余計なインキチ情報を流して社会攪乱を計るという事実です。(一例⇒http://kobayasiasao.web.fc2.com/dema1.htm
日頃携帯多用している通信手段も損壊機能不全となることは重々に想定しておくことが肝心です。

つまりどういうルートでどう「正しい情報を得るか」判断力を鍛えておくことこそが最大の防災なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地震は、今この瞬間、明日来るかもしれないし、1週間後かもしれない。
さては、1年後かも知れない。
「間もなく」は、今日のことですか?
期日を書かずに、いつ来ても言っていたことにする準備ですね。
本当に宗教や詐欺の研究だけは、ご熱心のご様子です。
悪質な洗脳手法だと思いました。

No title

ネット収入(課金も含む)の脱税が多いそうですが大半は密告でばれるそうです。

ネット収入 脱税

私の見立て、アクセス比較分析などからは、数千万円を売りあげた・・・可能性は十分あります。

もちろん推定分析資料を添付の上、税務署には
>密告
でなく
公開でチェックを促します。
\(^o^)/
単数より複数、みなさんも個々正してください。(^^)

No title

はい!!!

No title

気象業務法(抄録) -予報業務関連-
第三章 予報及び警報

(予報業務の許可)
第十七条 気象庁以外の者が気象、地象、津波、高潮、波浪又は洪水の予報の業務(以下「予報業務」という。)を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければならない。
2 前項の許可は、予報業務の目的及び範囲を定めて行う。

(許可の基準)
第十八条 気象庁長官は、前条第一項の規定による許可の申請書を受理したときは、次の基準によつて審査しなければならない。
 一 当該予報業務を適確に遂行するに足りる観測その他の予報資料の収集及び予報資料の解析の施設及び要員を有するものであること。
 二 当該予報業務の目的及び範囲に係る気象庁の警報事項を迅速に受けることができる施設及び要員を有するものであること。
 三 地震動及び火山現象の予報以外の予報の業務を行おうとする場合にあつては、当該予報業務を行う事業所につき、第十九条の二の要件を備えることとなつていること。
 四  地震動又は火山現象の予報の業務を行おうとする場合にあつては、当該予報業務のうち現象の予想の方法が国土交通省令で定める技術上の基準に適合するものであること
2 気象庁長官は、前項の規定により審査した結果、その申請が同項の基準に適合していると認めるときは、次の場合を除いて許可しなければならない。
 一 許可を受けようとする者が、この法律の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなつた日から二年を経過しない者であるとき。
 二 許可を受けようとする者が、第二十一条の規定により許可の取消しを受け、その取消しの日から二年を経過しない者であるとき。
 三 許可を受けようとする者が、法人である場合において、その法人の役員が第一号又は前号に該当する者であるとき。

(変更認可)
第十九条 第十七条第一項の規定により許可を受けた者が同条第二項の予報業務の目的又は範囲を変更しようとするときは、気象庁長官の認可を受けなければならない。
2 前条の規定は、前項の場合に準用する。

(気象予報士の設置)
第十九条の二 第十七条の規定により許可を受けた者(地震動又は火山現象の予報の業務のみの許可を受けた者を除く。次条において同じ。)は、当該予報業務を行う事業所ごとに、国土交通省令で定めるところにより、気象予報士(第二十四条の二十の登録を受けている者をいう。以下同じ。)を置かなければならない。

(気象予報士に行わせなければならない業務)
第十九条の三 第十七条の規定により許可を受けた者は、当該予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない。

(警報事項の伝達)
第二十条 第十七条の規定により許可を受けた者は、当該予報業務の目的及び範囲に係る気象庁の警報事項を当該予報業務の利用者に迅速に伝達するように努めなければならない。

(業務改善命令)
第二十条の二 気象庁長官は、第十七条の規定により許可を受けた者が第十八条第一項各号のいずれかに該当しないこととなつた場合その他第十七条の規定により許可を受けた者の予報業務の適正な運営を確保するため必要があると認めるときは、当該許可を受けた者に対し、その施設及び要員又はその現象の予想の方法について同項各号に適合するための措置その他当該予報業務の運営を改善するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。

(許可の取消し等)
第二十一条 気象庁長官は、第十七条の規定により許可を受けた者が次の各号の一に該当するときは、期間を定めて業務の停止を命じ、又は許可を取り消すことができる。
 一 この法律若しくはこの法律に基づく命令若しくはこれらに基づく処分又は許可若しくは認可に付した条件に違反したとき。
 二 第十八条第二項第一号又は第三号に該当することとなつたとき。

(予報業務の全部又は一部の休廃止)
第二十二条 第十七条の規定により許可を受けた者が予報業務の全部又は一部を休止し、又は廃止したときは、その日から三十日以内に、その旨を気象庁長官に届け出なければならない。

(警報の制限)
第二十三条 気象庁以外の者は、気象、地震動、火山現象、津波、高潮、波浪及び洪水の警報をしてはならない。ただし、政令で定める場合は、この限りでない。

第四章 (略)

第五章 (略)

第六章 雑則

(許可等の条件)
第四十条の二 許可又は認可には、条件を付し、及びこれを変更することができる。
2 前項の条件は、公共の利益を確保するため必要な最小限度のものに限り、かつ、当該許可又は認可を受ける者に不当な義務を課することとならないものでなければならない。

(報告及び検査)
第四十一条 気象庁長官は、この法律の施行に必要な限度において、第十七条第一項若しくは第二十六条第一項の規定により許可を受けた者又は第七条第一項の船舶に対し、それらの行う気象業務に関し、報告させることができる。
(略)
4 気象庁長官は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、第十七条第一項若しくは第二十六条第一項の規定により許可を受けた者若しくは第六条第一項若しくは第二項の規定により技術上の基準に従つてしなければならない気象の観測を行う者の事業所若しくは観測を行う場所又は第七条第一項の船舶に立ち入り、気象記録、気象測器その他の物件を検査させ、又は関係者に質問させることができる。
(略)

第七章 罰則

第四十六条 次の各号の一に該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
(略)
 二 第十七条第一項の規定に違反して許可を受けないで予報業務を行つた者
(略)

第四十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
 一 第二十条の二(第二十六条第二項において準用する場合を含む。)の規定による命令に違反した者
(略)
 四 第四十一条第四項又は第六項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は質問に対して陳述をせず、若しくは虚偽の陳述をした者

第四十九条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業員がその法人又は人の業務に関し、第四十四条、第四十六条又は第四十七条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても各本条の罰金刑を科する。

第五十条 次の各号のいずれかに該当する者は、二十万円以下の過料に処する。
 一 第二十二条(第二十六条第二項において準用する場合を含む。)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者

No title

「AFPBB News」のコンテンツのブログ転載サービス利用規約

http://www.afpbb.com/blogquote/#article8

「AFPBB News」の記事を無断で利用し収益得ていますね。
非常に問題でしょう。

No title

「平成関東大震災が発生した場合」、なんて言わずに、今すぐブログ終了してほしいものです。

恐怖あおりデマでお金を稼ごうってだけのブログは社会にとって害悪でしかありません。

No title


家族が国税局の人間なので、しっかりと伝えてあります。
ご安心を。

No title

コイツ逮捕しろよ・・・



















検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人

Author:「小林朝夫(震災便乗募金詐欺師)に騙されないで/告発サイト」管理人
(小林朝夫の課金詐欺ブログ告発) デマ証拠公開サイト/解説注釈付き(緑字)

読者コメント
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
本人ブログ削除・証拠隠滅中
【関東大地震が来る~】狼少年歴
2011年3月2009年7月以前開始全過去録・魚拓


・サワリ2009年8月

・サワリ2009年10月

・サワリ2010年10月

人気のビデオ


解説


3.11予知どころか遊びほうけてた実録



★2ちゃんねる【エセ地震研究家・小林朝夫】一覧リスト(~7)★

小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)

★キチガイ示し合わせ妄想会見記
黄金の金玉 ふぐり玉蔵
サンバカるカン小林朝夫
サンバカトリオ東海デマも

★情報をもてあそぶ利害だけの徒党は必ず仲間割れを起こす(笑)。世の常識(笑)

↑↓究極の対極に位置する真誠な人


小林朝夫氏のビジネスモデルと消費者心理について(1)